So-net無料ブログ作成
検索選択

桂歌丸の笑点引退の本当の理由は?! なぜこのタイミング?

桂歌丸さんが、笑点の引退を発表しました。
理由は、体力の限界などと言われていますが、
本当なんでしょうか?

本当に体力的に限界だったのであれば、
前回の体調不良のタイミングで
引退すればよかったのではないでしょうか?

桂歌丸さんは、なぜこのタイミングで引退を
発表したんでしょうか?

そして引退の本当の理由とは?

個人的に、笑点はすごい番組だなと思っています。
だって、このご時世でおじさんたちが大喜利するだけの番組が
視聴率20パーセント超えたりしてるんですよ?

ドラマの視聴率が低迷してる!!って言いながら
10パーセント超えたら、好調アピール!!(笑)

そんな中、桂歌丸さん率いる笑点は、
視聴率余裕の10パーセント超えです。

日曜日の夜は、笑点→ちびまる子ちゃん→サザエさん
”明日からも会社か〜”とつぶやく(笑)

そんな鉄板のルートを作り上げているのって、
実はめちゃめちゃ凄いと、大人になって気付きました。

そしてその鉄板ルートを一直線に走る私(笑)
すみません‥話が逸れてしまいましたね。

今回突然笑点の引退を発表した、桂歌丸さんの
本当の理由に迫りたいと思います!!

では、行ってみましょ〜〜〜



スポンサードリンク















桂歌丸の笑点引退の本当の理由はなぜ?




桂歌丸



・79歳
・本名は椎名巌(しいな いわお)
・笑点は放送開始からレギュラーで、5代目司会を務める
 
椎名いわおって‥桂歌丸全然関係ないですね。
どっから来た芸名なんでしょうか?

もう、79歳なんですね。
結構なお年ですが、番組では元気な姿を
見せてくれていましたね。

笑点引退の理由が、体力の限界というのも
あながち嘘ではないかもしれません。(笑)

笑点では、想像どり初期メンバーですね。


笑点引退の理由はなぜ?



今回の桂歌丸さんの笑点引退の理由ですが、
体力的な限界と言われていますが、本当なんでしょうか?

桂歌丸さんは、何度か体調を崩されています。
その際に、笑点を引退するということは考えなかったんでしょうか?

今回の笑点引退には何か裏がありそうですなぁ〜〜(笑)

ここで、現役笑点メンバーとの仲を見てみましょう。

林家木久扇と桂歌丸
笑点では、”きくちゃん”と呼ぶ仲で
毒舌は吐くが、愛情があっての事です。

三遊亭好楽と桂歌丸
笑点では、”こうらくさん”と呼んでいる。
そもそも三遊亭好楽は人にあまり興味がない(いい意味で)
ため、ケンカなどは起こさない。
桂歌丸との関係はいたって普通か。

三遊亭小遊三と桂歌丸
三遊亭小遊三といえば、笑点ではヒールや
変わり者と言ったイメージだが、本来は
とっても誠実でいい人だそうで、桂歌丸とも
仲がいい。

春風亭昇太と桂歌丸
独身キャラが板についた春風亭昇太
桂歌丸からも頻繁に独身をいじられる。
だが、林家木久扇同様で愛があってのいじりだ

林家たい平と桂歌丸
そもそも、桂歌丸とは芸歴が違いすぎで
好き嫌いの関係で桂歌丸が引退するとは考え難い
むしろ好き嫌いなら、林家たい平の引退が濃厚(笑)

山田隆夫と桂歌丸
同上(笑)

三遊亭円楽と桂歌丸

ここの関係が一番気になりました。
三遊亭円楽と桂歌丸といえば、
笑点でも、桂歌丸をいじる姿が特徴的です。
引退しろ!とか言っている姿もありますが、
本当に仲が悪いんでしょうか?

次は、三遊亭円楽と桂歌丸の関係について見ていきます。
そこには、驚愕の事実がありました!!





スポンサードリンク









三遊亭円楽と桂歌丸の関係が桂歌丸が笑点を引退した理由を読み取る鍵だった!!



桂歌丸が笑点を引退した理由を知る上で、
三遊亭円楽と桂歌丸の関係に理由を読み取る鍵があると踏んだ私は、
もう少し二人の関係について調べてみることにしました。

三遊亭円楽と桂歌丸の関係とは?



三遊亭円楽と桂歌丸は
笑点の中ではくだらない言い合いをしていますが、
本当はものすごく仲がいいんです。

その理由が、
三遊亭円楽さんのこの活動に現れています。



これは、桂歌丸さんを人間国宝にしようと、
三遊亭円楽さんが活動しているところです。

番組内では桂歌丸さんのことを”ミイラ”などと呼ぶ
三遊亭円楽さんですが、本当は桂歌丸さんの事を尊敬しているんですね。

また今回桂歌丸さんの引退発表の時は
涙を流されていたそうです。

実は、楽屋ではとても礼儀正しい三遊亭円楽さんの活動に
桂歌丸さんも心を打たれたのではないでしょうか?



桂歌丸の笑点引退は三遊亭円楽のためだった?!



桂歌丸の笑点引退の後に気になるのは”後継者”ですね。
笑点の司会といえば、超がつくほどの大御所が務めることもあって、
まだまだ中堅(といっっても結構おじさんですが‥)の三遊亭円楽さんには
早いかな?という声があると思います。

しかし桂歌丸が突然笑点の司会を務めることによって、
はじめは”代役”のような形で、三遊亭円楽さんに引き継ぐことによって
世間とのギャップを徐々に埋めていって欲しかったのでは?
と勝手に思っています。

かつての林家こん平さんがそうであったように、
弟子のことが心配なのは変わりはありませんからね。

桂歌丸さんにとって笑点の中では、”我が子”のような存在である
三遊亭円楽さんにスムーズに司会を渡したかったのでしょう。

きになる後継者は、まだ決まってはいないようですが、
どうなることでしょう‥

楽しみにしておきましょう。



スポンサードリンク



















 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。